テイルズオブアライズ

【ネタバレなし】テイルズオブアライズを9個の観点で徹底評価!全てが高クオリティなRPG

テイルズオブアライズって面白いの?評価が知りたい

という方に向けて、当記事ではテイルズオブアライズをクリアした私と世間の評価を紹介します。

筆者
筆者

非常に面白く久しぶりに上質なRPGに出会ったという印象ですので、テイルズシリーズファンの私がネタバレ(※)なしでアライズの魅力をお伝えします!

※ネタバレの定義・・・当記事では公式のゲーム実況ポリシーに従い、ゲーム内のエリアである「シスロディア」地域以降の展開をネタバレと定義します。
プレイ時間でいうと4~5時間以降の話をネタバレとします

スポンサーリンク

テイルズオブアライズの5段階評価

5段階評価
  • 戦闘(序盤~中盤)  :★★★★★
  • 戦闘(終盤)     :★★★
  • シナリオ(序盤~中盤):★★★★★
  • シナリオ(終盤)   :★★★★
  • グラフィック     :★★★★★
  • システム       :★★★★★
  • 音楽         :★★★★
  • 声優         :★★★★
  • キャラ        :★★★★

総合評価:4.3

爽快感のある通常戦闘、高難度のボス戦

雑魚戦では爽快感のある戦闘を楽しむことができますが、ボス戦は一瞬も気の抜けない戦いをすることになり、まるで別ゲーです。

戦闘をまとめますと下記の通りです。

  • 雑魚敵との戦闘は気軽に爽快感のあるバトルを楽しめる
  • 味方のオート挙動を細かく指定可能でストレスフリー
  • ボス戦は難易度が高く、きちんと勝つための準備をして挑む必要あり。これこそRPGの醍醐味
  • 終盤の敵は硬くて爽快感が薄れる

戦闘については下記の記事で詳しく紹介しております。
>>>【テイルズオブアライズ】戦闘の評価!雑魚戦、ボス戦で別ゲー?

引き込まれるストーリー


今作はストーリーが大人向けで、奴隷としての扱いを受ける主人公達が立ち上がり自由を勝ち取りにいく場面から物語が始まります。

隣り合うふたつの星、ダナとレナ。

300年前、平和だったダナの世界は高度な科学や魔法が発達したレナから突然の侵攻を受けて以来、終わりなき隷属を強いられることとなった。

ある日、鉄仮面に顔を覆われたダナの青年と、同族から追われるレナの少女が出会った。

この思いがけない邂逅はふたつの星の運命を揺るがす物語の始まりに過ぎなかった―

引用元:Tales of ARISE テイルズ オブ アライズ STORYより


RPGにはストーリーは飾り!お使い!というゲームも多いですが、今作はストーリー面でも先が気になる作りになっており早く進めたくなります。

記憶がない主人公は鉄仮面を付けていたり痛みを感じなかったりするが何者なのか?

同族から追われるレナの少女シオンはなぜレナを裏切る行為をしているのか?

序盤からシナリオの構成がよく練られており、目が離せない展開が続きます。

しかし後半やや駆け足気味なのが気になるところと、恋愛要素強めなのが好みが分かれるところです。

ネタバレありのストーリー評価を知りたい場合は下記の記事にて紹介しております。

>>>【ネタバレあり】テイルズオブアライズのクリア後感想10選!忖度なしで評価

ユーザーに配慮されたシステムまわり

システムまわりではテイルズ定番のスキット(キャラ同士の会話)、料理等がありますが、特に便利なのがファストトラベルです。

話の都合上行って帰ってきてといったことが多いのですが、ファストトラベルで一瞬で移動することができますので思わず「便利だ・・・」とつぶやいてしまう程でした。

またオプションでも細かい設定が可能で、バトルカメラの攻撃中、移動中補正や戦闘中のコマンド先行入力受付時間まで変えられます。

キーコンフィグもありますので自分好みのボタン配置にすることも可能です。

ゲーム全体にいえますがユーザー目線での細かい設定ができることが素晴らしいと思います。

現代風に進化したグラフィック

グラフィックは間違いなくシリーズ最高の出来です。

本作品では地域によって大自然が広がっていたりそこら中に火があがっていたりと特徴があるので、バリエーション豊かな風景を冒険できます。

また戦闘時の迫力も勿論最高水準です。

特に秘奥義や、とどめ技のブーストストライクはスタイリッシュで何度見ても飽きないです。

本作は世界で販売していますが、このグラフィックであれば日本を代表するRPGとして自信を持って送り出せます。

あとリンウェルがかわいいです。

気になった点① PS4の騒音問題

気になった点も紹介しますが、まずPS4でプレイすると本体のファンのあたりからかなり大きな音がしますw

ただこれは本作に限ったことではなく、FF7Rあたりもかなり音がしました。

PS5にも対応している以上、いよいよPS4が限界にきているのかなと感じました。

気になった点② バグ問題(解消済み)

最初のボス(ビエゾ)戦に勝利した後、進行不能になるバグが発生する可能性があります。

私自身が体験しました・・・

バグが発生した場合はボス戦の頭からやり直す必要があり、ボスの強さもあって精神的なダメージは大きかったです。

このバグはボス戦勝利後のムービーをスキップすることで回避可能ですので、参考にしてください。

バグは公式も把握しており、きっと後日修正パッチを当ててくれるはずです!

追記:アップデートによりバグは解消されました。

気になった点③ CP管理のシビアさ

今作はCP(キュアポイント)という仕様がありますが、あまり評判が良くありません。

CPはキュアポイントの略で、戦闘中に回復技や補助技を使うかメニュー画面で回復するたびに自動的に消費されます。個人ではなくパーティ全体で共有する仕様です。

引用元:Game8 【テイルズオブアライズ】CPの使い道と回復方法より

回復や蘇生を術で行う度にCPを削るので、ボス戦中に気づけばCPがなくなっており誰も回復していないということがよくあります。

またCPを回復するオレンジグミはライフボトル(蘇生する重要アイテム)よりも高く、序盤では特に高級品で気軽に購入できません。

どんな強敵でもきっちり回復すれば勝ててしまうバランスを調整したかったんだと思いますが、回復したい時にできないというストレスの方が大きい状態です。

私はサクサク進めたかったので後述のDLCに手を出しましたが、課金に抵抗がある場合は下記のような対策が必要です。

  • レベルを上げて準備する
  • サブクエをこなす
  • 戦闘中の回避精度を上げる
  • 難易度を下げる

賛否両論?DLCについて

今作ではDLCが豊富に揃っており、レベルやお金もリアルマネーで買えますw

私が買ったDLCは下記の通りです。

おすすめDLC
  • スターターパック:CP20%カットがありがたい
  • 安心強化パック:オレンジグミ(CP回復)を上限突破して持てるありがたいパック
  • 高速成長パック:経験値2倍!オプションでオフにすることも可能

据え置きゲームにお金を払うのは抵抗がある方もいると思いますが、ストレスフリーに楽しみたい方はDLCも検討の余地があります。

DLCに関しては下記の記事で詳しく紹介しております。
>>>【テイルズオブアライズ】CPが足りない方必見!おすすめDLC3選

世間の良い評価 高いメタスコア(87点)

世間でも本作は高い評価を獲得しており、2021/9/13現在のメタスコアは87点となります。

メタスコアとは海外レビューサイトの総合評価で、ゲームファンから高い信頼を得ている指標となります。

過去にメタスコア87点のゲームは「ファイナルファンタジーVII REMAKE」、「デビルメイクライ5」、「モンスターハンターライズ」といった良作が揃っているため、非常に高い評価を受けているといえます。

また出荷本数がシリーズ史上最速で100万本を突破しました。


世間でも高評価が多く見られます。

世間の悪い評価

悪い評価としては終盤のストーリー、及び戦闘をあげる声が多いです。

筆者
筆者

たしかに終盤やや失速したと感じる部分はありましたが、ゲーム全体で見れば一部であり、高評価に変わりはありません。

テイルズオブアライズ感想 まとめ

まとめとしては下記の通りです。

  • 通常戦闘は爽快感がありカスタマイズ性も高い
  • ボス戦闘は難易度が高い分やりごたえがあり、ボス戦のために準備するというRPG本来の面白さを体感できる
  • 先が気になるストーリーとなっており、物語を追うだけでも楽しめる
  • ファストトラベルを始めとしてシステムまわりも良好
  • PS4でプレイする場合は騒音に注意
  • 戦闘はCP管理がシビアなので注意
  • DLCは賛否両論あるが、生活スタイルに合わせて必要な方だけ利用することができる
  • 世間の評価も高く、メタスコアは87点
  • ストーリー、戦闘ともに終盤やや評価が落ちるが全体で見れば一部なので問題ない

テイルズシリーズは正直ゼスティリアで評価を落としてしまった感がありましたが、今作で完全に復権したといえるでしょう。

気になった点もありましたが総合的にここまで高いクオリティのRPGは簡単に出るものではないと思っており、自信を持っておすすめしたいゲームです。

スポンサーリンク
当記事のシェア、またはコメントを頂けると大変嬉しいです ↓
ツイッターフォローよろしくお願いします↓
たかしのアニメブログ

コメント

トップへ戻る